III号突撃砲B型(StuG III Ausf. B)製作記1


TAMIYAMMNo.281_3

「難物キットだ、難物キットだ」と聞くと、怖いもの見たさと天の邪鬼な気持ちとで、ウッカリ欲しくなることがあります。こちらは、そのうちのひとつです、TAMIYA MM No.281「1/35 ドイツIII号突撃砲B型」。

TAMIYAMMNo.281_1

まずは、ABER 35A101「Screw heads」を使って、戦闘室上面の凹モールドにマイナスネジを埋めていきます。

キットのモールドのキレ自体は良好なのですが、実車の写真を見ると、マイナスネジは凹んでおらず、ツライチが正しいようなので、それを再現しようと思います。

最小のものから数えて6~7番目の大きさのものを使用すると、モールドにピタリとはまりました。

 

さて、戦闘室側面にも、上面と同じようにマイナスネジを埋めていかねばならないのですが……

TAMIYAMMNo.281_2

キットの戦闘室側面には、実車にあるはずのマイナスネジのモールドがなく、どこに穴を開けてよいやら大変困りました。

 

次回は、その辺を考えてみようと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です