お手製の“TK Piano”、差し上げます 4


tkp_1

「JD-800」を持っているのですが、「JD-990」の方がより良いDAを積んでいる、という噂があったので、わざわざそっちを借りてきて収録しました。昔の僕は、暇だったのでしょうか(笑)!?

DTMマガジン休刊の報に端を発し、旅情めいた心持ちを噛み締めながら音楽制作用のハードディスクを古いものから順番に漁っていたら、記憶の彼方に忘れ去られかけた断片たちをいろいろと見つけましたので、需要を気にせずシェアしてみたい、と思います。

 

まずは、Roland「JD-800」のプリセット53番を微調整し(すごく正確に言うと、「JD-990」の該当波形をエディットし)、48khz/24bitで丁寧に録音して作った、お手製の“TK Piano”です。ダウンロードは、コチラから。Native Instruments「KONTAKT 3.5」以上で使えるのではないか、と思いますが、動作保証はできませぬ。

どうせならば、と、試聴サウンドもご用意いたしました。キラキラなシンセ・ピアノです。

 

お楽しみいただければ幸いです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 thoughts on “お手製の“TK Piano”、差し上げます

  • 野沢菜

    JD-800の方も公開していただきたいです…(笑)
    高品質で自分も愛用させていただいてます!ありがとうございます!

    • TAK-H Post author

      野沢菜さん、コメントありがとうございます!

      そうですね、「機会があれば」なんて言っているといつまで経っても機会が来ないので、
      次回JD-800を使う際に、必ずや音源化します!

      使っていただき、こちらこそ、ありがとうございます!

  • JD-990に比べ、低品質なADのJD-800方が
    小室哲哉サウンドに近いので
    使用用途によって一丁一端だと思います。

    • TAK-H Post author

      コメント、ありがとうございます!

      質が異なるのは「DA」ですが、よくご存知ですね。
      良い音を悪くすることの方が、悪い音を良くすることよりも比較的容易なので、そういたしました。