シャーマン イージーエイト(M4A2E8)製作記2


e8_9

せっせと合わせ目を消して、せっせとパーティングラインを作ります。まさにクラッシュ・アンド・ビルド、まるで人生のようで乙です。

溶きパテをポンポンしてザラザラにした表面が乾いたので、800番手のスポンジヤスリでうす~く削ります。ささくれだったところが絶妙に落ち着いて、より鋳造らしい表情になってくれました。

逆に、圧延鋼板のようにしたい場合は、サラサラの流し込み接着剤をつけたワイヤーブラシを該当の箇所にガツガツ押し当てて荒したのち、当て木をしたヤスリで表面をわずかに削ります。まとめますと、盛って削ると鋳造になり、凹ませて削ると圧延鋼板になる、ということです。なんとも面白いですね。

e8_10

やはり、ナイス・ガイです。米戦車をもっと作らねば!

砲塔の残りパーツやキャンバス・カバーの土台などをくっつけて……う~む、感動です! もともとのキットの出来が良いおかげで、改造作業がとても楽しく感じられます。

 

次回は、機銃を足したり(2丁もある!)、溶接痕をつけたりしよう、と思います。

キットに付属していない方の機銃(M1919A4)は、ASUKA modelのものを使おうか、Legend Productions LF1300「M4A3E8 1945 Update set」を使おうか……。そういえば、StG44もどこかにあったはずなので、見つけたら、砲塔天板に転がしておきましょう。

 

これまでの記事です。

シャーマン イージーエイト(M4A2E8)製作記1

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です