とても気になる「ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット」!


11月18・19日開催の“タミヤフェア2017”にて発表された新製品、MM No.357「ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット」が、たいへん気になっています!

ということでさっそく、実物のお写真を。

手のひらに乗ったゴリアテの、ミニチュア然とした可愛らしさがたまりません!

一方、主役である兵士たちの雰囲気もイキイキしており、寝そべった姿や、肩にかけられて宙ぶらりんになったMP40など、見どころ満載です。個人的には、ボックス・アートの真ん中の彼が、ゲームのしすぎで眼がイッちゃってるようにも見えて、楽しげです(笑)。

 

ところで、実際の「ゴリアテ」は、遠隔操作によって敵地に入り込み自爆する、“リモコン爆弾岩”的な兵器。本製品で再現されているのは、「ゴリアテE Sd.Kfz. 302」というタイプのようです。

一番大きい戦車に“マウス(ねずみ)”と名づけ、一番小さい戦車に“ゴリアテ(巨人)”と名づけるあたり、戦争における情報戦のすさまじさを感じます。

フランス軍事博物館のゴリアテ。側面装甲の雰囲気が当時の写真と違うのは、戦後、レストアされたからかもしれません。

発売が待ちきれない方々は、1/48の「ケッテンクラート牽引セット(インファントリーカート・ゴリアテ付き)」で、予習しましょう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です