メルカバ(MERKAVA)のキットまとめ


「♪メルカバ~、青空、南風」ということで……、昨今、イスラエルの“神の戦車”ことメルカバ(MERKAVA)のキット化が盛んなので、まとめてみました!

余談ですが、メルカバについて検索しようとすると、「メルカ」あたりまで入力しても、Googleサジェストが「株式会社メルカリ」関連のキーワードを激推ししてくるので困りモノです(笑)。

MERKAVA Mk.I

1979年4月に運用が開始された「MERKAVA Mk.I」の最新キット、TAKOM 2078「MERKAVA Mk.1」です。この時点で、一風変わったSFチックな外見がすでに確立されています。

 

1983年の発売から長年愛されてきた、TAMIYA MM No.127「1/35 イスラエル・メルカバ主力戦車」も、負けず劣らず良いキットです。しかも、1,000円台という素敵価格。

パンツァー・フォトレポート1

「パンツァー・フォトレポート1」の記事では、「MERKAVA Mk.1」の“チェーン・カーテン”の写真を掲載しています。

パンツァー・フォトレポート4

「パンツァー・フォトレポート4」の記事では、「MERKAVA Mk.1」の“排気口”の写真を掲載しています。

MERKAVA Mk.I Hybrid

「MERKAVA Mk.II」に準じた改修が施された「MERKAVA Mk.I」は「MERKAVA Mk.I Hybrid」と呼ばれ、それを再現したのが、TAKOM 2079「MERKAVA Mk.1 Hybrid」です。上記の2078「MERKAVA Mk.1」に追加パーツがいくつか入っているのかな、と思いきや、砲塔と車体は完全別金型という力の入れようです。

MERKAVA Mk.IIB

「MERKAVA Mk.IIA」に「MERKAVA Mk.III」の装備を追加したのが、「MERKAVA Mk.IIB」で、それを再現したのが、TAKOM 2080「MERKAVA Mk.2B」です。この「MERKAVA Mk.IIB」といい、先の「MERKAVA Mk.I Hybrid」といい、人的資源だけでなく、物的資源も大切にする国なんだなぁ、と感じます。砲塔の上面に装着された増加装甲が、見た目をよりマッシブにしています。

MERKAVA Mk.IIID Early

MENG MODELの歴史のはじまりを担った記念すべきキット、TS-001「MERKAVA Mk.3D Early」です。「MERKAVA Mk.I」と比べると、砲塔がかなり大きく横に広がってきました。進化を追うことで、いろいろなものが見えてきます。

「Meng AFV Modeller Magazine」2016年11,12月号購入

MENG TS-001「Merkava Mk.3D Early」の作例が掲載されている「Meng AFV Modeller Magazine」2016年11,12月号の紹介記事です。

 

HOBBY BOSSもMERKAVAをリリースしていたとは! 滑り止めが再現されていたり、チェーン・カーテンが金属パーツだったりと、なかなかに優秀なキットのようです。比較的お手頃な価格設定がさらに喜ばしい。

MERKAVA Mk.IIID Late

「MERKAVA Mk.IIID」の後期型を再現したのが、MENG TS-025「MERKAVA Mk.3D LATE LIC」です。市街地での非対称戦に特化して、さらに防御力を高めたバージョンになります。

MERKAVA Mk.IVM

2011年から配備された“トロフィー”アクティブ防護システムを装備している「MERKAVA Mk.IV」を再現したのが、MENG TS-036「MERKAVA Mk.4M w/Trophy Active Protection System」です。膨張をし続け、ついに砲身周りのくぼみがなくなった「MERKAVA Mk.IV」の砲塔は、まるで“カネゴン”のようであります。

Facebookで公開されているテスト・ショットの画像や動画から推察するに、可動するサスペンションを有し、サイドのチェーンには金属パーツが用いられるようです。

MENG TS-036「MERKAVA Mk.4M w/Trophy Active Protection System」の専用レジンパーツ、SPS-056「Israel Main Battle Tank Merkava Mk.4M Fully Loaded Rear Baskets」。自作が困難な、車体後部バスケット×2、砲塔後部バスケット×2、折り畳み担架×1がセットになっています。

バスケットにカバーがかかっていると、不思議と「ああ、MERKAVAだなぁ!」という印象が強くなります。

 

「MERKAVA Mk.IV」は、キット化に恵まれているようです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です