「ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット」到着


TAMIYA MM No.357「ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット」が、我が家にもやってまいりました。

下記記事にもしたためましたとおり、発表時からとても気になっていたキットです。たいへんワクワクしながらの開封の儀となりました!

とても気になる「ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット」!

ランナー(スプルー)紹介

Aランナー(スプルー)です。このランナー1枚で1台の「ゴリアテE Sd.Kfz. 302」を組み立てることができ、本キットには2台分(つまり、2枚)が封入されています。小さいながら、コイル・スプリングまでもが繊細に再現されていて驚愕。

より大きい画像はコチラです。

Bランナー(スプルー)は、今や定番となった、3Dスキャンを基に造形された人形たちです。感動的な解像度の野戦戦闘服(襟と本体とが同色&ポケットにプリーツがあるので、「M40野戦服」だと思われます)であります!

より大きい画像はコチラです。

b-4パーツ(小銃手の右腕)を眺めていると、「ロックマン」における指の描写法(中指と薬指がくっついている)を想い出してしまいます。

箱裏の簡易的な説明ではなく、しっかりした組立説明書つきです。時代背景の解説も嬉しい!

まとめ

いやぁ、秀逸なバランスの素晴らしいキットでございます。この調子で、「ドイツ歩兵セット」の新バージョンがリリースされることを願ってやみません!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です