ツィンメリット・コーティングの再現は、ついにここまで来てしまった!


2097「Sd.Kfz. 171 Panther Ausf. A Early Production Full Interior Kit」/2098「Sd.Kfz. 171 Panther Ausf. A Mid-Early Production Full Interior Kit」/2099「Sd.Kfz. 171 Panther Ausf. A Late Production Full Interior Kit」の発売からさほど時間が経っていませんが、TAKOMより、新キット「Panther Ausf. A Mid-Late Production w/ Zimmerit, Full Interior 2in1」の情報が発表されました。“舌の根も乾かぬうちに……”というのはまさにこのこと!

発表直後は「結局そう来るのか!」と思わず叫びたくなるほどに、ズコーッな気分でしたが(苦笑)、先日公開されたテスト・ショットの出来が存外良かったので応援したくなってきました。

 

前面装甲のツィンメリット・コーティングです。ホラ、今まで見たこともないくらい“1/35の人間がコーティングした感”が出てるでしょう!?

砲塔もこのとおり。かすれや剥がれはもちろんのこと、“ちょっとズラして2回ローラーを転がした感”も良い雰囲気で再現されています。

パテを使って己の力でやり遂げる愉しさを否定するわけではありません。プラモデルという半レディ・メイドな存在に抗うがごとく、世界にひとつだけのオリジナルなコーティング・パターンを刻もうとする姿勢は、クリエイティブかつ重要な心構えです。その一方で、ここまでグッとくるツィンメリット・コーティングにこだわったTAKOMの開発陣の努力とクリエイティビティもまた同様に、称賛に値するものだと思うのです!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です