「Modern Russian Infantry “Polite People”」レビュー


ZVEZDA3665_9

ZVEZDAの3665「Modern Russian Infantry “Polite People”」(日本国内では「1/35 現用ロシア歩兵セット」として販売されています)を購入しました。

ZVEZDA3665_2

現用のデジタルフローラ迷彩服をまとったロシア兵士が4人と、猫(主役)が1匹入っています。
最近のズベズダのフィギュアは、例外なくどれも好みなので、内容を見ずに「えいや!」と買うことにしているのですが、こちらもご多分に漏れず素晴らしい出来栄えでした。

ZVEZDA3665_3

スリングが浮いて成型されています。やや分厚いものの、驚異的な技術力です。

なお、どちらかというと固めのプラスチックなので、曲げ強度は低めだと思われます。薄く加工する場合は、気をつけてください。

ZVEZDA3665_4

靴底はツルツルですが、このポーズならば問題ないでしょう。

ZVEZDA3665_5

ご尊顔は、ズベズダらしい、ヌメッとした造形です。精密なのにヌメッとしているので、スミ入れで映えるタイプではないですが、描き込める自由度はありますね。

ZVEZDA3665_6

別の人です。4人それぞれ、バラクラバの被り方や軍装の着こなしが、少しずつ違います。

ZVEZDA3665_7

GP-25を装着したAK-74Mだと思われますが、銃のディテールがちょっとヌル目なぶん、手の造形が美しいです。

ZVEZDA3665_8

お待ちかねの猫です。分割の仕方が独創的で感動しました。

繰り返しになりますが、全体的に精密だけどヌメッとしています。好みが分かれるところだと思いますけれども(僕は好きです!)、現用ロシア戦車キットが活況を呈していますので、そのお供に良いのではないでしょうか。

 

最後に、キットにまつわるエピソードです。

2014年2月27日から、所属不明(実はロシア軍)の武装集団がクリミア半島に展開、議会と首相府などを占拠しました。彼らは、地元の親露派住人たちから“礼儀正しい人々(Polite People)”ともてはやされ、そのムーブメントは、約1ヶ月後の、ロシアによるクリミア/セヴァストポリの編入に大きな影響を与えました。

ちなみに、礼儀正しい人々と猫とは、切っても切れない関係でして、銅像になっていたりもします。その由来は、こちら(後半)に詳述されておりますので、ご興味があればぜひ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です