『Der Untergang』感想


『Der Untergang(没落。邦題:ヒトラー ~最期の12日間~)』を観ました。ヒトラーの最期とドイツ第三帝国の狂乱とを多面的に描いた作品です。

日本国内のネットではむしろ、“おっぱいぷるんぷるん”のアレ、と言った方が的確に伝わるでしょうか(苦笑)。

本作の魅力は、ヒトラーを、超人的な悪役としてではなく、逆に、神秘的な教祖としてでもなく、“ひとりの人間”として描いているところに詰まっているのではなかろうか、と思います。

怒るし、愛すし、感謝もする。当たり前じゃない状況下で紡がれていく当たり前のことが、取り巻き/現場の将校/国民突撃隊たちの狂乱との対比によって、より一層際立ってヒリヒリと感じ取れます。

……“戦争の幕引き”を出来る限り事実ベースでリニアに積み重ねていく映像作品、といえば、名作『日本のいちばん長い日』が想い出されます。『日本のいちばん長い日』でもまた、誰の心にも狂気が潜んでいるが、その一方で、災禍の中心にあった人物でさえただの一人間であった、という主張がなされているのは、偶然ではない、と考えます。

あらゆることがらを、「ヒトラーだから」「東條だから」「○○だから」で済ませぬよう、真摯に歴史を学ぶ心を常に持ち続けたいものです。

 

Amazonビデオならば、追加料金なしで『Der Untergang』を含めた数々の名作映画を楽しめますよ。30日間無料だそうです!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です